若いうちに海外留学をしておくべき理由

subpage01

海外留学は、年齢が高くなってから行っても実はあまり意味がありません。

高齢になればなるほど、語学の習得は難しくなるからです。
文法の面では問題がないのですが、発音の面でどうしてもいい結果が出ません。
頭のいい人でも、高齢になってから語学を習った場合には、どうしてもカタコトの発音になってしまうのです。

こうした問題を回避する方法は、もちろん一つしかありません。
できるだけ若いうちから海外留学をしておくということが唯一の解決策となります。
できれば、小学校以前に海外留学を経験しておくのが理想です。そうすれば、ネイティブ・スピーカーと同じような流暢な発音を手にできます。

ちょっとした文体のニュアンスも自由自在に理解ができますし、年齢が上がってから苦労をすることもなくなります。

自分に合ったリクナビNEXT JOURNALの情報が必要な方必見です。

若いうちに英語が完璧にできると、学校生活も有利に送れます。英語の授業で困ることが一切なくなりますし、受験勉強でも英語は無視することができます。

限られた時間を他の教科に回せるので、いい大学に入る確率も高まって当然です。
大学受験時には、英語がペラペラだというのは大きな武器になります。



また、海外の大学を受験するという選択肢もできるので素晴らしいでしょう。



就職時には、受験時以上に有利な立場に立てるはずです。
今の時代は英語ができなければ一流企業には入れないと言っても過言ではないからです。その後も、日常生活のさまざまな場所で威力を実感できることでしょう。