英語は留学以外で取得することはほぼ不可能

subpage01

日本の教育では英語を主として勉強することができます。


英語の文字から始まり、単語、熟語、文法と少しずつ身につけていきます。

これによって何ができるようになるかと言うと、英語の問題を解けるようになるだけです。

定期テストや試験のような難しい文章を読解する力が十分に身につきます。
しかし、英語は本来、話せるようになることが目的になっているので、これでは意味がほぼありません。



現に、日本人のほとんどが英語を話せていません。


英語を話せるようになるには、学んだ英語を声に出して使う他ありません。


その方法として最も効果的なのが『留学』になります。

livedoorニュースの関連情報がご覧になれます。

留学することで、その海外で生活し、勉強をします。この環境によって、英語を話さざるを得ない状況になるため、嫌でも取得することができます。
コミュニケーションを取るにも英語、聞こえてくる話も英語、そういう環境の中で生活するので、ペラペラと日本語を話すように話せるようになります。
留学さえしてしまえば、日本国内で英語を話すときの”恥ずかしさ”や”自信のなさ”を感じる必要がなくなります。
英語を話すことが当たり前の国なので、積極的にコミュニケーションを取ると良いです。日本の英会話教室に通うことも方法の1つとしてあがりますが、残念ならが日本の環境であることは変わらないため、十分な英会話力はつかないでしょう。
英語しかない環境に身を置くことが、英会話できるようになる道であり、留学が最も効果的になります。