工夫次第で安くなる留学準備の秘訣

subpage01

留学について考えるためには、まず自分の現在の年齢を考えましょう。

高校生か大学生か、社会人か、それとも中学生以下か、ということです。

留学をあなたに紹介致します。

年齢によって留学を考えたきっかけや目的、通いたい学校が異なるでしょう。


自分の現在の年齢や置かれた立場を考慮し、自ずと留学先や留学時期をどうすべきかを考えます。

学生であった場合、日本での学業との兼ね合いはどうするのか、社会人であった場合、仕事を辞めるのか、です。

教えて!gooに関する情報が幅広く集まります。

学校や企業で支援を行っているのならば、話は早いですね。一方、自分一人で事を進めている人にとっては、悩みが尽きないと思われます。

周囲に迷惑をかけない程度に収めるよう、準備をしっかり行ってください。

決定したら、今度は費用についてです。
出発前には、飛行機代やパスポート、ビザ申請料などの諸手続き費用のほか、海外留学保険や健康診断受診料などがかかります。

保険とは、海外で病気や予期せぬ事故にあった時に保証するものです。
いくつかの会社が提供しているので、出発前に比較して、自分にあった保険と契約して下さい。


また、出発後に、授業料や滞在費、教材費や食費などがかかります。

国によって、授業料や教材費などは変化します。



1週間のホームステイや1年間の長期期間といった、時期によってもかかる値段が変わりますので、この辺りもしっかり見ておきましょう。長期期間の場合、語学学校によっては、割引システムを実施しているところがあります。

中には、1年間で10〜20万円も安くなるので、使わない手はないですよね。一方で、都市部は高く地方は安めであったり、季節ごとに高くなったりするので、行く場所や時期も考慮に入れ、より安く収められるよう、計画を立てましょう。