留学してもリスニングに伸び悩む理由とは

main-img

留学をしたら英語のリスニングが向上し、映画やドラマは字幕なしでも楽しめるようになると期待する人が多い一方、実際に留学をしてリスニングに伸び悩む人は少なく無いです。

語学は時間を掛けて徐々に力が身についていくものなので、あるきっかけによってブレイクスルーを起こすことがあります。留学先では英語のコンテンツに溢れているので、自分のレベルに合った教材を見つけるのに良い機会です。リスニングができないと思っている人は何ができないのか立ち止まって考えてみると打開策が見つかりやすいです。



全く何を言っているのか分からないのなら、使っているコンテンツのレベルが高すぎます。もっとゆっくり話しているものを使ったり、やさしい英語のみが使われている教材を選びます。

Girls Channelに関する情報に追加しています。

単語の意味が分からないものが多くて、内容が理解できないなら、単語力を身につけます。

単語の意味を覚えるときに同時に発音もしっかり覚えます。

自分で正しく発音できない単語は、リスニングでは聞き取ることはできません。過去に覚えた単語で間違った発音で覚えている単語がないか精査するのも大事です。

単語一つ一つは分かるけれど、意味が理解できないという人は、そのコンテンツのスクリプトを読んで理解できるかを確かめてみると、分かることがあります。

スクリプトを読んで意味が分かるなら、英語を英語のまま理解する力が足りていないです。



本や記事を読んで英語を英語のまま理解する力を伸ばすと効果的です。

プチ常識

subpage01

留学について考えるためには、まず自分の現在の年齢を考えましょう。高校生か大学生か、社会人か、それとも中学生以下か、ということです。...

more

見てびっくり!

subpage02

留学をしたら英語がペラペラになって、海外ドラマや映画が字幕無しで見れるようになるんだろうというイメージが世間に広がっています。実際に留学した人の全員がそのレベルまで達するかどうかは人それぞれですが、努力次第ではそのレベルまで上げることは可能です。...

more

留学情報

subpage03

海外留学は、年齢が高くなってから行っても実はあまり意味がありません。高齢になればなるほど、語学の習得は難しくなるからです。...

more

身につく情報

subpage04

日本の教育では英語を主として勉強することができます。英語の文字から始まり、単語、熟語、文法と少しずつ身につけていきます。...

more